電話の着信を光でお知らせしてくれる便利アイテム5選!

スマートフォンは通常、常に携帯していますが、固定電話は特定の場所に配置されており、電話が鳴っても近くにいないと着信に気づきにくいものです。

特に工場や店舗などの騒々しい環境では、着信に気づかないことがあります。また、高齢者や耳の不自由な方も着信に気づきにくいときがあるでしょう。

このような状況を考慮すると、携帯電話は便利なデバイスと言えます。

しかし、会社や店舗では昔から使用している電話番号があり、簡単に変更できないことや、FAXを使用している場合など、固定電話は依然として必要不可欠です。

そこで、この記事では主に固定電話が不可欠な企業や店舗の方々に、便利なアイテムをご紹介します。

固定電話への着信をスマホに通知できれば…」とお悩みの方にはスマホ内線化サービス「テレワープをおすすめします。

「テレワープ」なら固定電話にかかってきたらスマホでも通知を受け取ることができますし、さらにそのままスマホで応答することも可能です。

今なら月額料金が2ヵ月間無料のため、気軽にお試し利用もできます。

  • お使いの固定電話がスマホで発着信できるようになる「テレワープ
  • 最大60日間無料キャンペーン実施中!
  • メールでのお問い合わせは24時間受付中
テレワープの評判はこちら
目次

着信音が「聞こえにくい」、または「鳴らしたくない」状況とは

電話機の使用環境や使い方によって、着信音が聞こえにくい場合が存在します。反対に、状況によっては着信音を鳴らしたくない場合もあります。

どのような場合に着信音が聞こえにくい、鳴らしたくないと感じるのでしょうか。職場と家庭のそれぞれでケースを考えてみましょう。

職場の場合

職場では、以下の状況下で着信音が聞こえにくくなります。

  • 工場内などで機械音が響く
  • 職場の近くに幹線道路があり、車の走行音が大きい

反対に、職場で着信音が邪魔になる状況は以下のケースでしょう。

  • 会議室や打ち合わせスペースで商談・ミーティング中
  • コールセンターなどで顧客と通話中

家庭の場合

家庭では、以下の状況で着信音が聞こえにくくなります。

  • 幹線道路沿いに家がある
  • 家族に高齢者がいる

反対に、家庭で着信音が邪魔になる状況は以下のケースでしょう。

  • 赤ちゃんが就寝中
  • 深夜や早朝の時間帯

電話の着信を光で知らせるアイテムとは

前述したような環境下の企業やご家庭におすすめする商品が、固定電話の着信を光や音で通知するアイテムです。様々なメーカーが販売しており、家電量販店または通販サイトで購入できます。

これらのアイテムは、通常、音と光の双方で着信を知らせる装置が多く見られます。

ただし、一部の製品を除いて、光だけまたは音だけで着信を通知することも可能です。

電話の着信を光で受けるメリット

固定電話の着信を光で受ける場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的には以下3つのメリットが挙げられます。

  • 静寂を求められる環境下では光でのお知らせが効果的
  • 音と光で知らせることで聴覚にも視覚にも訴えることができる
  • 耳の不自由な方でも電話を受けられる

それぞれのメリットがどのような内容なのか、以下順に詳しく説明します。

静寂を求められる環境下では光でのお知らせが効果的

静寂が求められる環境などといった音での電話の通知がふさわしくない場合、光による着信通知機能を活用することがおすすめです。

音で知らせることが適切でない場所でも、光ならば着信が容易に認識できるでしょう。

音と光で知らせることで聴覚にも視覚にも訴えることができる

電話の着信を光や音で通知するアイテムは、聴覚にも視覚にも訴えることで、緊急性をアピールできます。

実際に商品紹介の動画を見ると、音と光の両方で知らせることでかなり緊迫した様子が伝わってきます。

大きな音が響く工場内で使用すると効果的ではないでしょうか。

耳の不自由な方でも電話を受けられる

耳の聞こえにくい方がいる場合、着信に気づかないことがあります。

大切な情報を伝えたいときに、電話に出てもらえないと問題が生じるかもしれません。しかし、光でお知らせすることで、着信を確認できるようになります。

電話の着信を光で受けるデメリット

固定電話の着信を光で受けるメリットをご紹介しましたが、反対にデメリットにあるのでしょうか。

具体的には以下2つのデメリットが挙げられます。

  • 光でだけでお知らせすると目の不自由な人にはわかりにくい
  • 一部の製品は音だけ光だけの選択ができない

それぞれのデメリットがどのような内容なのか、以下順に詳しくご説明します。

光でだけでお知らせすると目の不自由な人にはわかりにくい

光だけでの通知は、目の不自由な方にとってわかりにくいことがデメリットです。

そのため、病院や介護施設などで利用する際には、状況に応じて音やバイブレーションとの連動が必要です。

一部の製品は音だけ光だけの選択ができない

ほとんどの製品は、光または音だけで着信を通知できますが、一部の製品はこれに対応していません。

そのため、製品を購入する前に、Webサイトなどで製品情報を確認しておくとよいでしょう。

電話の着信を光でお知らせするアイテム導入時の注意点

固定電話の着信を光でお知らせするアイテムを導入時するにあたって注意が必要な点があります。

具体的には以下3つの注意点があります。

  • 光と音のどちらを重視するか決めておく
  • 光がまぶしくないか事前に確認する
  • 接続方法を確認する

それぞれがどのような注意点なのか、以下順に詳しくご説明します。

光と音のどちらを重視するか決めておく

多くの機器は、光と音の両方で着信を通知してくれます。

ただし、もともと大きな音が発生する工場などでは、音量を最大にしても十分でない場合があります。また、光が望ましくない状況もあるでしょう。

そのため、商品を購入する前に光か音のどちらを重視するかをよく検討し、適切な製品を選んでください。

光がまぶしくないか事前に確認する

光を見たときにまぶしくないかどうかを確認してください。

もし光がまぶしい場合は、目に直接影響がないように設置の向きなどを工夫すると良いでしょう。

接続方法を確認する

コンセントに差すだけで簡単に設置できるものもありますが、機器によっては電池が必要なもの、ACアダプターを使用するものなどあります。

購入前に電源などの接続方法を確認しておきましょう。

電話の着信を光で知らせる便利アイテム5選

固定電話の着信音を光で知らせる機器やアイテムは数多く販売されています。

ここでは、以下5つの製品をご紹介します。

  • フラッシュリンガー
  • 電話着信表示灯 ニコフォン
  • LEDストロボリンガー
  • スマホ着信音フラッシュコール
  • セルフォンリンガ

それぞれに特徴があり、価格や設置方法なども異なりますので、以下順にどのようなアイテムなのかご紹介していきます。

フラッシュリンガー

引用:https://www.mco.co.jp/products_tel/dsp-fl02/

「フラッシュリンガー」は電話機に接続することで、着信時にはベル音とLEDでお知らせします。

着信通知の方法として、発光のみ、ベル音のみ、または発光とベル音の組み合わせの3つのパターンから選択が可能です。

着信時の光は目に優しい青色のLEDが使用されており、直接目にしても眩しくないため、多種多様な環境で利用できます。

フラッシュリンガーは「スタンドタイプ」と「壁掛けタイプ」の2種類あります。

スタンドタイプ高さ約15cmのスタンドで遠目からでも着信を確認可能。
通常の電話機よりも高い位置にあるため、離れた場所からでも着信に気づきやすい
壁掛けタイプ本体の背面に壁掛け用のフック穴があり、壁などの目に付きやすい場所に取り付けることができる。
着信通知を気づきやすい位置に設置して、効果的に使用可能。

設置方法としては、モジュラージャックと電話機の間に本体を簡単に設置できます。電源は電話線から供給されるため、別途電源や電池は不要です。

価格:オープン

電話着信表示灯 ニコフォン

引用:https://www.nikkei-mfg.co.jp/product/industry/profile.cgi?_v=VL04S-P

「電話着信表示灯 ニコフォン」は、騒音の多い工場や耳の不自由な方に適した製品です。

電話の着信音を小型マイクで感知し、LED発光で知らせる表示灯です。電話の着信があると、点滅灯が作動します。

ニコフォンは検知器と表示灯の一体型で、LEDとプリズム(光の進路を屈折させる働き)を使用しているため、寿命が長く視認範囲が広いのが特長です。

特に騒音の激しい工場内や現場事務所などでの利用に最適です。

耳が不自由な方でも光の点滅で確認できますし、電話の着信だけでなくインターフォンが聞き取りにくい場合にも利用可能です。

ニコフォンには「無線出力タイプ」と「接点出力タイプ」の2種類あります。

無線出力タイプ着信すると着信音を検知し、表示灯が点滅する。
表示灯の点滅と同時に内蔵された無線ユニットから離れた場所に設置された回転灯(受信ユニット付き)も動作する。
増設回転灯には、以下の無線子機対応機種(別売)が利用できます。
電池式の「ニコカプセル」
電源式の「ニコトーチ・120」
接点出力タイプ表示灯が搭載されておらず、電話の着信を検知すると、リレー接点を介して外部機器に接点出力する。

設置方法は、電話機のスピーカー部にピックアップマイク(センサー)を貼り付け、付属のACアダプターをコンセントに差し込むだけです。電気工事不要で簡単に設置でき、コンパクトで省スペースです。

  • 必ず付属のACアダプターを使用してください。

価格(税別):

VL04S-100PHA接点出力11,500円
VL04S-100PHN表示灯付16,100円
VL04S-100PHM/
VL04S-100PHL
無線式
(受注対応)
29,500円

LEDストロボリンガー

引用:http://www.softandhard.co.jp/product43_STR-LTB2.html

「LEDストロボリンガー」は、ソフトアンドハード社が製造した製品で、LEDの光点滅と高音量な音で着信を通知してくれる装置です。

音振動センサー「RTS-1ピエゾセンサー」を購入すると、スマートフォン、ビジネスフォン、一般電話機、IP電話など、様々な電話端末に利用できます。

スイッチの設定によって「光と音」「光のみ」「音のみ」が選択でき、音量の切り替えも可能です。

LEDストロボリンガーの本体を高い目立つ位置に設置することで、光と音の点滅により、離れた場所からでも電話の着信に気づくことができます。

設置方法としては、ビジネスフォンへ接続する場合、ビジネスフォンのスピーカー部分に「RTS-1ピエゾセンサー」を貼り付け、LEDストロボリンガーの本体とACアダプターを接続するだけです。

価格:オープン

スマホ着信音フラッシュコール

引用:https://www.nanzu.jp/syohin/nzt-380-sp.htm

「スマホ着信音 フラッシュコール」は、スマートフォンの着信を光で効果的にお知らせします。

サウンドカバー内にスマートフォンを収めることで、騒音の気になる場所でも着信音を的確に感知し、光が点滅して通知します。

作業現場や工場内などの騒音が多い環境でも、重要な電話を見逃す心配はありません。10mの延長ケーブルもセットに含まれています。

専用の取り付け台が付いており、壁掛けにも対応しています。同梱されている両面テープを使用すれば、取り付けは簡単です。

モーター駆動がないため、回転灯と比較して静かであり、優れた耐久性を備えています。長時間の連続動作でも頼りになる存在です。

壁への取り付け方法は、こちらを参照してください。

価格(税込):13,640円 ~ 17,490円

セルフォンリンガ

引用:https://www.jiritsu.com/products/detail.php?id=194

「セルフォンリンガ」は、携帯電話・スマートフォン・固定電話の着信や通知を、光・音・振動で通知する便利な装置です。

この製品はFAXの着信にも対応しており、電話の着信だけでなく、ショートメール、ビデオ通話の着信も通知可能です。また、音声電話、テレビ電話、各種SNS・アプリからの通知にも対応しています。

  • 選択したアプリの通知を確実に感知させるため、アンドロイド用アプリ「Jiritsu_Vib +」をインストールしてください。

USB充電機能が備わっているため、スマホやタブレットを充電しながら利用でき、非常に便利です。

振動機能のないタブレットの場合には、イヤホンジャックから着信音を拾うための専用ケーブルが付属しています。

電池(単三アルカリ電池4本)でも使用できますので停電時でも安心です。ベッドシェーカを別途購入すれば、振動でも通知が可能です。

設置方法としては、固定電話の場合にはACアダプターを接続し、平らで安定した場所に設置します。家庭用電話回線に接続すれば、電話やFAXの着信通知も可能です。

価格(税込):19,800円

スマートフォンの便利機能&アプリもチェック!

ここまで説明したアイテム以外にもスマートフォンでは機能やアプリを使って、着信時にランプによる通知が可能です。

具体的には以下3つの機能またはアプリでランプ通知が可能になります。

  • LEDランプ(Android)/カメラフラッシュ(iPhone)
  • フラッシュ 3
  • エバーアラート(Ever Alert)

ランプ通知機能の設定方法と、上記2つのアプリについて、以下順に詳しくご説明します。

LEDランプ(Android)/カメラフラッシュ(iPhone)

まず、Androidスマートフォンの場合はLEDランプを使用して着信通知を受けることができます。

ただし、Androidスマートフォンの機種によって、設定方法が異なったりそもそも設定自体が不可の場合があります。

お持ちのAndroidスマートフォンの機種を確認して、機種に応じた設定方法を調べてみましょう。

次にiPhoneの場合、Androidのようなランプ通知機能が組み込まれていませんが、代わりにカメラのフラッシュを使用して通知を受ける方法があります。

iOSのバージョンにもよりますが、iOS 17では以下設定を行うことでカメラフラッシュによる通知が可能です。

  1. ホーム画面の「設定」から設定アプリを起動
  2. 画面内の「アクセシビリティ」をタップ
  3. 「聴覚サポート」より「オーディオ/ビジュアル」をタップ
  4. 「LEDフラッシュ通知」をオン

詳細な設定方法はこちらをご覧ください。

音声通知を聞き逃しがちな方は、この機能を試してみるとよいでしょう。

フラッシュ 3

「フラッシュ 3」は、通話、メッセージ、および通知を受け取った際にフラッシュを点滅させるAndroid用アプリケーションです。

カメラをフラッシュさせる機能は前述の通りiPhoneでも利用できますが、「フラッシュ 3」の場合はより点滅の速度など、より細かく設定が可能です。

前述した通り、Androidスマートフォンの中でもLEDランプ通知機能が備わっていない機種もありますので、その場合はこのアプリをインストールしてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちらよりご確認ください。

エバーアラート(Ever Alert)

「エバーアラート(Ever Alert)」は、着信、不在着信、メール、LINE、およびSNSの受信などの通知をフラッシュライトの点滅によりお知らせするAndroidアプリケーションです。

着信や通知があると、フラッシュライトが点滅し続け、画面を確認するまでお知らせを続けます。

そのため、通知を見逃すことなく非常に気づきやすいです。画面をタップするか着信の受話や拒否をタップすると、点滅が停止します。

詳細はこちらよりご確認ください。

まとめ

電話の着信を光で通知するアイテムについてご紹介しました。

オフィスや店舗などには欠かせない固定電話ですが、設置場所の移動が難しく、持ち運びも不可能です。

その結果、着信音が聞こえないなどでお悩みの場合は、ぜひ今回ご紹介したアイテムを利用してみてください。

騒々しい工場内や着信音を鳴らせない環境でも、着信を逃さず電話に出られることは大きなメリットです。

導入の際には「光で知らせた方がよいか」「音で知らせた方がよいか」、それぞれの状況に応じてよく検討してからご購入ください。

固定電話にかかってきた電話をスマホで通知を受け取りたい場合は、スマホ内線化サービス「テレワープの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

テレワープについて、詳しくはこちらをご覧ください。

転送電話ならテレワープ
  • お使いの固定電話がスマホで発着信できるようになる「テレワープ
  • 最大60日間無料キャンペーン実施中!!
  • メールは24時間受付中
  • 受付時間 10:00~18:00(土日祝、年末年始を除く)

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

目次