導入事例インタビュー:季節料理 むさしさま

テレワープをお使い頂いているお客様にインタビュー!

今回お話を伺ったのは、東京都立川市にある和食居酒屋、季節料理 むさしの店主、利光晶様です。

季節料理 むさしは、店主である利光様が、季節にあった旬の食材を丁寧に調理して、一品一品心を込めて提供する、アットホームでありながら本格的な味が楽しめる地元密着型の和食居酒屋さんです。

季節料理 むさし

〒190-0022
東京都立川市錦町1-20-15 冨田ビル1F

042-512-8634
https://www.kisetsuryouri-musashi.com/

目次

インタビュー

季節料理 むさし
〒190-0022 東京都立川市錦町1-20-15 冨田ビル1F
042-512-8634 
https://www.kisetsuryouri-musashi.com/
TW事務局

テレワープを知ったきっかけと導入した理由を教えてください。

利光様

元々一人でお店を運営していますが、基本的に予約は電話が多く、店にいないときは留守番電話にしておりました。

ただ、留守番電話に予約を残してくれるお客様は少なく、外でお店の電話が取れないかと思っていました。

そんな中、取引先の方がスマホで固定電話の受発信をしているのをみて、そんなサービスがあることを知ってネットで調べてみました。

一度、別の会社のサービスを導入しようと申込みましたが、装置が大きく棚のスペースをとるのと、FAXを使うためには別の機器を導入しなければならないとのことで、説明されていないことばかりでキャンセルしました。

再度、ネットで検索したところテレワープを見つけました。設置した装置も小さく、月々のコストも手ごろなのでよかったです。

TW事務局

テレワープを導入してよかったことは何ですか?

利光様

兎に角、予約電話を逃さないことです。

コロナで、飲食店は大きな打撃を受けました。サラリーマンが一杯やって帰るとか、一般の方が外で食事をするといった習慣が減ってしまい、予約のお客様を逃さないことはお店の生命線です。

テレワープは仕入れに出たときも、休みの日も予約の電話が取れるので、助かっています。

また、かかってきた電話番号が分かるので、業者の方からの電話か、お客様からの電話か見分けがついていいですね。

電話の履歴がスマホに残るのも便利です。どのくらい予約の数があったとか、お客様の電話番号とか履歴を見ればわかるので、重宝しています。

通話品質も特に問題なく、普通に使えています。

TW事務局

今後のご要望等ありましたら教えてください。

利光様

iPhoneでテレワープを使っていますが、着信時の音が通常の携帯電話のものと同じなので、お店に掛かってきたことが分かるように着信音を変えられるようにしてほしいです。

それから着信の通知がバナーで表示されている時、番号欄がスライドしていて、相手の番号を認識するまで少し時間がかかるのも改善できると有難いですね。

Android端末では着信音が変更できますが、iPhoneではアップル社が提供するプラットフォーム(iOS)の制限で現時点で着信音の鳴り分けができていない状況です。バナー表示の見やすさと併せて、今後の開発項目としておりますので、対応でき次第リリースしたいと考えております。

利光様

わかりました。是非とも改良をお願いします。


お答えくださりありがとうございました!

季節料理 むさしさま

刺身

大将が一品一品こだわりながら心を込めて作る本格和食を、気軽に居酒屋感覚で楽しめるお店です!

立川でお食事の際は是非とも季節料理むさしさまへ!( 042-512-8634

営業情報

季節料理むさしさまの営業時間および定休日は以下の通りです。

営業時間

  • 【ランチ】12:00~14:00(L.O.13:30)
  • 【ディナー】17:30~23:00(L.O.22:00)
  • ランチは平日のみの営業。

定休日

  • 月曜日

アクセス

目次