【注意】海外に電話を転送する方法はある?気になる料金や050ではできるのかについて紹介

海外を視野に入れた事業展開を行う場合、さまざまな課題が出てくるでしょう。

そんなときに一つの課題として挙げられるのが「海外にいるスタッフに電話を転送する方法」です。海外展開を検討している企業にとって、海外スタッフとの連携が取れるかどうかは死活問題になります。

当然、国内企業からの問い合わせであっても、海外事業に関しては現地スタッフが直接対応したほうが商談もスムーズに進むでしょう。逆に海外から日本への転送方法も同じように必要です。

そこで今回は「海外に電話を転送する方法」についてご紹介します。転送の方法と一緒に「料金」や「050番号に対応しているかどうか」についてもご説明しましょう。

海外へ国内の電話を転送するなら

海外にいるスタッフでも国内にある会社の電話を受け取れるようにしたい」「海外スタッフへ連絡したいが通話料金が高い」といったお悩みを抱えている方にはスマホ内線化サービス「テレワープがおすすめです。

テレワープなら会社の固定電話に手のひらサイズの装置を設置するだけで、スマホでも会社宛の電話を着信することが可能になります。

利用エリアに制限はなく、国内はもちろんのこと海外でも日本国内の電話がスマホで受け取れます。

海外で受け取ったとしても国際料金などはかからず、スマホ同士で無料の内線通話が可能なので気軽に海外スタッフと通話することも可能です。

今なら月額料金が2ヶ月無料のため、気軽にお試し利用が可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

※注意※ 本サービスを悪用した場合、即座にスマホの位置情報等が捜査機関へ提出されます。

  • お使いの固定電話がスマホで発着信できるようになる「テレワープ
  • 最大60日間無料キャンペーン実施中!
  • メールでのお問い合わせは24時間受付中
テレワープの評判はこちら
目次

海外に電話を転送することはできる?

海外への事業展開を検討していたり、国内と海外で電話をすることが多かったり、海外スタッフに電話転送をしたりしたいときなど、海外に電話転送をした場面が多いのではないでしょうか。

結論から言えば、海外に国内の電話を転送することはできます。主に利用できる海外への電話転送の方法としては、国際ローミングサービスです。

国際ローミングサービスとは?

国際ローミングサービスとは、国内で契約している携帯電話を海外でそのまま利用できるサービスです。海外へ国内の電話を転送するとなった場合に最も一般的な方法が国際ローミングになります。

国際ローミングサービスなら、国内で契約している携帯電話のサービスが海外スタッフの滞在国や地域でも現地の携帯回線を借りて利用できます。

国際ローミングサービスの利用料金は最終的に契約者へ請求されますが、現地の電話会社の回線使用料が上乗せされている分、通常の通話料金よりも高くなっています。

また、音声通話だけでなく、スマホのデータローミングをONにしていると海外でも現地回線を借りてインターネットへ接続できますし、SMS送信も可能です。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\テレワープの実態が気になる方はこちら/

テレワープの実態が気になる方はこちら

国際ローミングサービスを利用するメリット

国際ローミングサービスを利用するメリットは、以下の通りです。

  • 普段使用しているスマホがあれば活用できる
  • 簡単な手続きで済ませられる

それでは、国際ローミングサービスを利用するメリットについて以下順にご説明しましょう。

普段使用しているスマホがあれば活用できる

国際ローミングサービスのメリットは、何と言っても日本で普段から利用しているスマホが海外でも利用できることです。

本来であれば、海外の携帯電話会社と新たにSIMカードの契約をしなければならず、日本にいた頃の電話番号からは変わってしまうので、日本国内と海外とで頻繁に連絡を取り合うスタッフにとってはハードルが高いでしょう。

その点、国際ローミングサービスなら新規の携帯電話会社と契約する必要性もありませんし、日本にいた頃の契約をそのまま維持できるので、手軽に導入できるでしょう。

また、通話だけでなくスマホのインターネットもそのまま継続利用できるので、短期的な海外派遣で国内の電話を使いたいなら国際ローミングサービスが最適です。

簡単な手続きで済ませられる

国際ローミングサービスを利用する際に複雑な手続きが必要になるのではないかと思う人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

キャリアによっては多少なりとも手続きが異なりますが、基本的にはスマホの設定画面からデータローミングをONにするだけで国際ローミングサービスが使用できます。

新たにSIMカードを差し替える必要がなく、単純で分かりやすい簡単な手続きで済ませられるのが大きなメリットです。

特に海外展開する以上、派遣するスタッフにとっては現地で活動する際にさまざまな準備で忙しいため、簡単な手続きで済ませられるのは大変ありがたいでしょう。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\テレワープの実態が気になる方はこちら/

テレワープの実態が気になる方はこちら

国際ローミングサービスを利用するときの注意点

国際ローミングサービスを利用するときの注意点は、以下の通りです。

  • 料金プランを確認する
  • 対応している通信内容を確認する
  • 対応している国を確認する

それでは、国際ローミングサービスを利用するときの注意点についてご説明しましょう。

料金プランを確認する

国際ローミングサービスを利用するときに注意したいのが料金プランです。

国際ローミングサービスが利用できる携帯電話会社によって料金プランが大きく違うため、料金プランを確認しておかないと思いもよらない料金が請求される可能性があります。

使用した分だけ料金が発生する従量課金プランなのか、毎月一定額で固定されている定額プランなのか、事前に確認しましょう。

対応している通信内容を確認する

基本的に国際ローミングサービスは海外転送の他に音声通話やSMSも利用できるのがポイントですが、携帯電話会社やスマホの機種によっては音声通話やSMSが利用できない可能性があります。

海外ローミングには対応しているものの、利用できるのは海外転送だけで音声通話やSMSが利用できない場合、業務に支障が出る可能性があるので注意しましょう。

国際ローミングサービスを利用する際に、契約している携帯電話会社やスマホの機種が海外との音声通話やSMSに対応しているかどうか確認する必要性があります。

対応している国を確認する

国際ローミングサービスは電話転送を行う上で非常に利便性が高いですが、すべての国や地域で対応しているわけではありません。

国には対応していても地域で対応していないこともある他、携帯電話会社や料金プランによって対応していないこともあります。

したがって、事業展開する国や地域に合わせて携帯電話会社や料金プランが国際ローミングサービスに対応しているかどうか確認しましょう。

また、1ヶ国だけでなく、複数の国や地域でも同様に展開予定の国や地域が国際ローミングサービスに対応しているかどうかも確認する必要性があります。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\テレワープの実態が気になる方はこちら/

テレワープの実態が気になる方はこちら

海外に電話を転送するときの料金はどれくらい?

海外に電話を転送する際の料金がどのくらいかかるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

国際ローミングサービスを利用する場合、各携帯電話会社によって料金が違います。主に海外ローミングサービスを利用するときの料金プランは、以下の通りです。

  • 国内データ消費型プラン<追加料金あり>
  • 国内データ消費型プラン<追加料金なし>
  • 海外専用プラン
  • 使い放題プラン

国内データ消費型プラン<追加料金あり>

国内データ消費型プラン<追加料金あり>とは、国内で契約しているデータ定額プランに都度追加料金を支払うことで、海外でも使えるようになるプラン体系です。

代表的なプランと追加発生する料金は、以下の通りです。

スクロールできます
キャリアプラン追加料金
ドコモパケットパック
海外オプション
200円/1時間
980円/24時間
2,480円/3日間
3,980円/5日間
5,280円/7日間 ※国や地域により異なる。
au世界データ定額
サービス
980円/24時間

【事前予約による早割り料金】
490円または690円/24時間

自分が使用したいタイミングで利用が始められる他、規定の時間が過ぎた時点で使用できなくなる仕組みになっています。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\テレワープの実態が気になる方はこちら/

テレワープの実態が気になる方はこちら

国内データ消費型プラン<追加料金あり>

国内データ消費型プラン<追加料金なし>は、追加料金が発生せず基本料金内で海外でも使えるプラン体系です。

代表的なプランとその料金は、以下の通りです。

スクロールできます
キャリアプラン基本料金
楽天モバイルRakuten最強プラン2,980円/月(税込3,278円)
ドコモahamo2,700円/月(税込2,970円)

楽天モバイルは国内の料金プランに加入しているだけで、海外でも2GBまで速度制限なしで利用できます。

ドコモが提供するahamoは楽天モバイルと同様に国内の料金プランに加入しているだけで、海外でも20GBまで速度制限なしで利用できます。

ただし、利用日数が15日以上を超える場合は速度制限がかかるので注意しましょう。

海外専用プラン

海外専用プランは海外専用の定額データ通信プランであり、料金は各社最大2,980円/日です。

ただし、料金は利用したデータ量に応じて上がっていくので、使いすぎないように注意しましょう。

使い放題プラン

使い放題プランとは、ソフトバンクが提供している「アメリカ放題」というプランのことです。別途申し込みが必要ですが、アメリカ全土でデータ量を気にせず使い放題なのが大きなポイントです。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\テレワープの実態が気になる方はこちら/

テレワープの実態が気になる方はこちら

海外への電話転送に050は対応している?

基本的に海外の電話転送に使用できる電話番号は幅広いですが、IP電話の番号である「050番号」が利用できるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

050の番号が対応しているかどうかは、利用している通信回線などのさまざまな要素によって変わります。

例えば、楽天コミュニケーションズの050番号を海外に電話転送する場合、転送先の電話番号を海外の電話番号に設定することで電話転送ができるようになります。

また、ブラステルという日本の050電話番号を取得できるサービスで「My050」という機能を活用することで、インターネットに接続していなくても着信転送ができるのがポイントです。

OCNの050Plusというサービスを利用する場合、050の電話番号をインターネット電話に転送することができます。

ただし、暗号技術を使用している関係上、各国の法令によって持ち込みや利用の制限、ならびに現地国の通信環境やキャリアの契約内容によって利用できない場合があるので注意が必要です。

このように、利用するサービス等によって050が問題なく利用できるかどうかが変わるため、どんな方法で050を利用するのか検討する必要性があります。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\テレワープの実態が気になる方はこちら/

テレワープの実態が気になる方はこちら

海外に電話を転送するならスマホ内線化がおすすめ!

もしも海外で事業展開し現地に電話転送を行う予定があるなら、国際ローミングサービスよりもスマホ内線化を利用するのがおすすめです。

海外に電話転送を行うなら国際ローミングサービスがあると解説しましたが、国際ローミングサービスは国や地域、携帯電話会社や料金プランによって対応していないことがあります。

使いたいときに使えないのでは意味がないので、それよりもスマホ内線化を利用するのがおすすめです。

スマホ内線化とは?

スマホ内線化とは、スマートフォンをインターネットを介して固定電話に連携させて、内線電話機として使えるようにするサービスのことです。

スマホが固定電話の内線電話機になることで、会社の電話にかかってきた着信をスマホで受け取れるようになったり、反対にスマホから会社の電話番号で発信できるようになります。

固定電話は使える場所が設置場所に限られるというデメリットがありますが、スマホ内線化によってそのデメリットを解消することができます。

ではなぜこのスマホ内線化がなぜ海外での電話転送におすすめなのかについて、以下ご説明しましょう。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\テレワープの実態が気になる方はこちら/

テレワープの実態が気になる方はこちら

電話転送の必要がない

スマホ内線化なら海外へ電話を転送するのに電話転送の必要がありません。

電話を転送するのに電話転送の必要がないというのが一体どういうことなのかというと、スマホ内線化の場合は、インターネット回線を通じてスマホが固定電話の電話端末の1つとして連携される仕組みです。

電話転送とはあくまでも「電話回線A宛の通話を別の電話回線Bへと送る仕組み」を指すため、スマホ内線化は厳密に電話転送ではないということになります。家庭用電話機に付いている子機が電話転送ではないことと同じ考え方です。

スマホ内線化の場合、スマホがインターネットにさえ繋がっていれば、電話転送をせずとも海外でも国内にいるのと同じ感覚で国内番号宛の電話を手軽に受け取れます。

国際通話でも追加料金が発生しない

スマホ内線化はインターネットを利用してるだけなので、海外で通話したとしても電話転送や国際ローミングサービスのように追加料金が一切発生しません。

また、内線通話であれば、日本と海外の間でも通話料無料で通話が可能です。

国内と海外とでスタッフが頻繁に連絡を取り合う必要があったり、海外でも国内の電話番号で取引先などと連絡を取る必要がある場合は、余計にかかる通話コストが一切なくなるのでおすすめです。

国内電話と同じ扱いになるので外線でも通話料金が安い

スマホ内線化なら、海外からでも国内の固定電話番号で発信できるのも十分なメリットですが、さらに国内から発信しているのと同じ扱いのため、通話料金も国内通話と同じになります。

一般的な固定電話の通話料金は以下の通りですが、国際ローミングサービスの場合は数百円~数千円ほどの追加コストがかかります。

固定電話から
固定電話への通話
8.8円/3分
固定電話から
携帯電話への通話
17.6円/1分

着信だけでなく、発信の観点から見てもスマホ内線化は海外でも国内の電話を使う場合に最適なサービスと言えます。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\テレワープの実態が気になる方はこちら/

テレワープの実態が気になる方はこちら

スマホ内線化なら「テレワープ」

スマホ内線化について、その概要と海外への電話転送におすすめな理由をご紹介しました。スマホ内線化を導入してみたいと思われた方もいらっしゃることでしょう。

では具体的にスマホ内線化にはどのようなサービスがあるのでしょうか。

あまりスマホ内線化サービスは世の中に多くありませんが、中でもおすすめなのが株式会社フォレスタが提供する「テレワープ」です。

テレワープはNTT東西の「ひかり電話」を対象としたスマホ内線化サービスで、簡単な機器設置とアプリの初期設定だけで手軽に導入できます。既にひかり電話を利用中なら導入に際して電話番号が変わることはありません。

月額料金・初期費用・装置代金の3つの料金が発生しますが、月額1,980円(税込)とリーズナブルな価格から始められ、今なら2ヶ月無料でお試し利用もできます。

テレワープについて、気になる方はこちらをご覧ください。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\テレワープの実態が気になる方はこちら/

テレワープの実態が気になる方はこちら

まとめ

海外に電話転送する場合、基本的に各携帯電話会社で利用できる国際ローミングサービスを活用することになるでしょう。

各携帯電話会社によって料金プランが違うため、国際ローミングサービスを利用する場合は料金プランを確認し、事業展開先の国や地域に対応しているかどうか確認する必要性があります。

もし、海外へ転送したい電話が固定電話ならスマホ内線化がおすすめです。使い方や料金としても国際ローミングサービスよりも手軽に利用できます。

海外で使いたい電話の種類に合わせて、国際ローミングサービスなのかスマホ内線化なのかを検討してみてはいかがでしょうか。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\テレワープの実態が気になる方はこちら/

テレワープの実態が気になる方はこちら

転送電話ならテレワープ
  • お使いの固定電話がスマホで発着信できるようになる「テレワープ
  • 最大60日間無料キャンペーン実施中!!
  • メールは24時間受付中
  • 受付時間 10:00~18:00(土日祝、年末年始を除く)
  • 詳しくはこちらをご覧ください。
目次