固定電話を携帯で受ける方法3選|お客様の電話に確実に対応しよう!

事務所や店舗に置いてある固定電話を携帯で受けたい…」そうお考えの方も多いのではないでしょうか?

営業や休憩などで外出中に、固定電話を携帯電話で受けることができればビジネスチャンスを逃すこともないでしょう。

固定電話を携帯(スマホ)で受ける方法としては、大きく分けて「キャリアの転送サービス」クラウドPBXを活用したサービス」「スマホ内線化サービス」の3つの方法があります。

それぞれは固定電話を携帯で受ける点では同じものの、各方法ごとで違う特徴があり料金体系も異なるため、何をどう導入すれば良いか迷っている方もいると思います。

そこで今回は、固定電話を携帯で受ける方法ごとに概要やメリット・デメリット、料金をまとめてみましたので、詳しく解説していきます。

結論から言うと「スマホを固定電話の子機のようにできるスマホ内線化サービス「テレワープがおすすめです。

今なら月額料金が2ヵ月間無料で気軽にお試しできるので、気になる方はこちらをご覧ください。

  • お使いの固定電話がスマホで発着信できるようになる「テレワープ
  • 最大60日間無料キャンペーン実施中!
  • メールでのお問い合わせは24時間受付中
テレワープの評判はこちら
目次

固定電話を携帯で受ける方法 3選

固定電話を携帯で受ける方法としては、前述した通り以下3つの方法があります。

  • キャリアの転送サービス
  • クラウドPBXを活用したサービス
  • スマホ内線化サービス

それぞれ順に、どのようなサービスなのかご紹介していきます。

キャリアの転送サービス

キャリアの転送サービスとは、固定電話にかかってきた電話を予め指定した別の電話番号へと自動転送するサービスです。

この「キャリアの転送サービス」で転送先を携帯電話の番号を設定することにより、固定電話を携帯電話で受けることが可能です。

「キャリアの転送サービス」で代表的なサービスとしては、NTT東日本/西日本(NTT東西)が提供する「ボイスワープ」です。

「ボイスワープ」は、NTT東西がアナログ電話(加入電話)の頃から提供しており、最も普及している転送サービスといえます。

現在では、光コラボレーション事業者(ドコモ光、ソフトバンク光、OCN光など)といったNTT東西のフレッツサービスの卸提供を受けて販売する光回線サービスが一般的です。

これらのサービスもそれぞれ独自ブランドで光電話サービスを提供しており、転送サービスも同様に独自名称でオプションとして提供しています。

キャリアの転送サービスのサイト

各企業(キャリア)が転送サービスを説明している公式サイトは以下をご参照下さい。

NTT東日本公式サイト
https://flets.com/hikaridenwa/service/voice.html
NTT西日本公式サイト
https://flets-w.com/opt/hikaridenwa/service/voicewarp/
ドコモ光公式サイト:サービス名称「転送でんわ」
https://www.docomo.ne.jp/hikari/tell_service/service/about/
ソフトバンク光公式サイト:サービス名称「多機能転送」
https://www.softbank.jp/internet/option/hikaridenwa-n/
OCN光公式サイト:サービス名称「転送電話」
https://service.ocn.ne.jp/phone/ip/hikaridenwa/service/option/forward.html
NTT東日本公式サイト
NTT西日本公式サイト
ドコモ光公式サイト「転送でんわ」
ソフトバンク光公式サイト「多機能転送」
OCN光公式サイト「転送電話」

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

キャリアの転送サービスの料金

どのキャリアの転送サービスも月額料金は550円(税込)です。

ただし、転送サービスの場合は別の電話番号へと転送している間に通話料金が発生します。

通常、着信した電話は通話料金がかかりませんが、転送サービスだと「転送元の固定電話番号から転送先の電話番号へ発信している」ことになるので、別途通話料金がかかるようになっています。

転送サービスを使って携帯電話に転送すると、17.6円/1分(税込)の通話料金が追加で発生するので要注意です。

例えば、月間合計で1時間転送サービスを使って携帯電話で通話すると、60分×17.6円=1,056円/月(税込)の転送通話料金がかかります。

キャリアの転送サービスのメリット

キャリアの転送サービスの最大のメリットは、簡単に始められることです。キャリアへの申込と電話操作による設定を行うだけで開始できます。

固定電話機からキャリア指定の専用窓口へと発信し、ガイダンスに沿って携帯電話の番号を転送先へと指定することで、固定電話を携帯電話で受けることが可能になります。

通話品質も携帯電話の通話回線を利用するので良好です。

キャリアの転送サービスのデメリット

キャリアの転送サービスのデメリットは、自分の携帯に掛かってきた電話か、事務所に掛かってきた電話か区別がつかないことが挙げられます。

着信画面は転送サービスで転送されてきた場合も、通常の携帯電話番号宛と同じ表示の為、実際に応答してみるまで転送された電話かが分かりません。

また、固定電話番号を携帯電話で発信することはできませんので、事務所に戻って掛け直すか、自分の携帯から掛け直すしかありません。

さらに、前述の通り転送通話中は別途通話料が発生するので長電話をすると高額な通話料金が発生します。1万円以上転送電話代が掛かっているケースも多々あります。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

クラウドPBXを活用したサービス

クラウドPBXとは、クラウド上に電話回線を引き込んでPBX(電話交換機)を設置し、PBXと音声端末間をインターネットで繋ぐことで、固定電話番号を利用できるようにするサービスです。

このクラウドPBXでも固定電話を携帯電話で受けることができます。PBXを詳しく解説した記事もありますので、あわせてご覧ください。

クラウドPBXは、2000年に入った頃から一般向けサービスとして登場してきましたが、過去に特殊詐欺に多用された背景から2018年に総務省より規制が入り、以下3点が義務付けられています。

  1. 固定電話を使用する場所に拠点があること
  2. サービス提供者が利用者の実在性及び本人性を確認すること
  3. 使用者の拠点にアダプター等の伝送路設備を設置すること

クラウドPBXを利用する場合は、事業者より上記3点を確認されますので、覚えておきましょう。

クラウドPBXを活用したサービスのサイト

クラウドPBXを活用した代表的なサービスは以下の通りです。

03plus公式サイト
https://03plus.net/
クラコール公式サイト
https://clocall.jp/
GoodLine公式サイト
https://goodline-soho.jp/
モバビジ公式サイト
https://www.mobabiji.jp/
MobileWarp公式サイト
https://www.mobilewarp.jp/
03plus公式サイト
https://03plus.net/
クラコール公式サイト
https://clocall.jp/
GoodLine公式サイト
https://goodline-soho.jp/
モバビジ公式サイト
https://www.mobabiji.jp/
MobileWarp公式サイト
https://www.mobilewarp.jp/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

クラウドPBXを活用したサービスの料金

各社のサービスによって変わりますが、概ね税込2,750円/台(内線)程度が一般的です。

自動応答などのオプション機能を付けると追加料金がかかる場合が多いですが、基本的にお手頃な価格設定だと感じます。

クラウドPBXを活用したサービスのメリット

クラウドPBXでは、クラウド上に設置されている固定電話回線をインターネットを介して利用することになるため、自宅や事務所に固定電話回線を引く必要がありません。

面倒な回線工事がなく固定電話の番号を取得できて、且つそれが携帯電話でも使えるので、まだ固定電話を持っていない方にはうってつけでしょう。

また、クラウド上のPBXを活用するため、自社でPBX装置を購入する必要がなく、初期投資を大幅に抑えられるというメリットがあります。

当然ながら一般的なPBXが有する豊富な機能をクラウドPBXも有しており、携帯電話での発信・着信のほかにも「内線通話」や「保留転送」なども利用可能です。

従業員が10人以上のオフィス・事務所に最適なソリューションであり、中~大規模向けです。

クラウドPBXを活用したサービスのデメリット

クラウドPBXのデメリットとしては、インターネットを介した通話になるため、通話品質が不安定になる可能性がある点が挙げられます。

インターネットはいわば「公衆の回線」であり、電話以外にもネットサーフィンや動画視聴などの様々な用途で不特定多数の人が利用しています。

インターネットにアクセスしている人が多いほど、インターネットでのデータ使用量が多いほど、通信混雑が発生しやすくなり、音声通話も混雑に巻き込まれて品質低下が起きてしまう可能性があります。

また、既存の固定電話番号をクラウドPBXでも継続して利用したい場合は手続きが複雑であり、使用中の電話番号によっては使えないケースがあります。

なお、総務省の規制によって、クラウドPBXをスマホだけで活用することは推奨できません。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

スマホ内線化サービス

スマホ内線化サービスとは、スマホと固定電話を連携させて、スマホを固定電話の内線電話機(子機)のようにするサービスです。

このスマホ内線化サービスでも、スマホが固定電話と連動するため、固定電話を携帯電話(スマホ)で受けることが可能です。

先程のクラウドPBXと同じように見えますが、スマホ内線化サービスの場合は今ある固定電話とスマホを連動させて内線化させるため、クラウドPBXのようにクラウド上の電話回線を使用するわけではありません。

スマホ内線化サービスはそれほど普及していないものの、代表的なものとしてはテレワープというサービスがあります。

テレワープは、事務所・自宅の固定電話がある環境に手のひらサイズの専用装置を設置するだけで、今の固定電話番号や電話機をそのままにスマホでも発信・着信できるようになります

既存の電話環境をそのまま利用するため、電話番号が変わったり工事が発生したりすることがありません

スマホ内線化サービスのサイト

スマホ内線化サービスの代表であるテレワープのサービスサイトは以下になります。

固定電話番号がそのままスマホで使える
「テレワープ」

スマホ内線化サービスの料金

月額費用はスマホの台数に応じて異なり、最大5台のスマホで利用できます。

  • 1台プラン:1,980円(税込)
  • 3台プラン:2,277円(税込)
  • 5台プラン:3,377円(税込)

月額費用以外だと、初期費用として事務手数料3,300円(税込)が発生し、別途専用装置の代金が以下の通りにかかります。

  • 専用装置を買い取る場合:機器代金 10,780円/一括(税込)
  • 専用装置をレンタルする場合:レンタル代金 330円/月(税込)

またリーズナブルな価格設計なのにも関わらず、スマホでの固定電話発信・着信以外にも「自動応答機能」や「内線通話機能」が標準で搭載されており、高コストパフォーマンスと言えます。

スマホ内線化サービスのメリット

テレワープ最大のメリットは、手のひらサイズの機器設置だけで、今使っている固定電話番号のままでスマホから発信も着信も可能になることです。

また、固定電話機自体も継続して利用でき、固定電話機で取ればスマホが鳴りやみ、スマホで取れば固定電話機が鳴りやみ…といった形で流動的に固定電話を使うことが可能です。

転送サービスのように追加で通話料金がかかるといったこともないので、月々のコストを抑えつつスマホで固定電話を使うことができるのは魅力的です。

スマホ内線化サービスのデメリット

デメリットとしては、利用環境がNTT東日本/西日本および光コラボレーション事業者が提供する「ひかり電話」に限れられるという点です。

NURO光やauひかりといった、NTTとは異なる回線網で提供しているキャリアの場合はテレワープが使えないので注意が必要です。

また、既存のひかり電話環境を活用するという特性上、クラウドPBXのように新規で電話番号を発番することができないため、あくまでも既存の電話番号をスマホで取りたいといったニーズに限られます。

ユーザ対象としても、スマホが5台までなので個人や個人事業主、店舗などといった利用人数が数人程度までが対象となります。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

固定電話を携帯で受けるには「スマホ内線化サービス」がおすすめ!

固定電話を携帯で受ける方法を3つご紹介しましたが、この中でおすすめなのは「スマホ内線化サービス」です。

「固定電話を携帯で受ける」といった要望においては、今使っている固定電話を携帯でも使えるようにすることが前提ですので、固定電話番号が変わってしまっては本末転倒です。

また、着信時に通常かからないはずの通話料金が携帯へ転送すると発生してしまうことに違和感を感じますよね。

シンプルに「固定電話を携帯で受ける」ことを実現できるのは、スマホ内線化サービス」で今の固定電話をそのままにスマホを内線化(子機化)することでしょう。

もちろん、それぞれにメリット・デメリットがあるため、利用する用途や頻度、利用人数の規模に応じてこの記事で紹介した内容をもとにどれが適しているか検討してください。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

固定電話を携帯で受けるメリットは?

そもそも固定電話を携帯で受けるメリットとしては、どんなことがあるのでしょうか。

考え得るメリットは以下3つあります。

  • 場所を問わず電話対応ができる
  • テレワーク(リモートワーク)に対応できる
  • コストの削減

それぞれ順に、どのようなメリットなのか詳しく解説していきます。

場所を問わず電話対応ができる

固定電話にかかってきた電話を携帯で受けることができれば、事務所・自宅内はもちろんのこと、外出先などでも柔軟に電話対応ができます。

たとえ電話に出ることができなかった場合でも、携帯電話の着信履歴から折り返し電話することも可能です。

また、小規模で事業を行っている場合、営業などで事務所を空けることも多いでしょう。

空けている間に、代表番号宛に見込み顧客からの問い合わせ電話が掛かってきた際、携帯で固定電話を受けられるようにしておけば、ビジネスチャンスを逃すことはなくなります。

テレワーク(リモートワーク)に対応できる

固定電話を携帯電話で受けることで、テレワーク(携帯電話)に対応することができるようになります。

昨今のコロナ禍の影響によってテレワーク(リモートワーク)が急激に普及し、新しい働き方の導入を検討している企業も増えています。

導入にあたって大きな懸念事項となるのが、会社の代表番号宛にかかってきた電話の対応をどうするかについてです。

会社の固定電話を当然ながら自宅に持っていくわけにもいきませんし、これを機に固定電話をやめて連絡手段をメールだけにするかなど、頭を抱えている担当者も多いことでしょう。

そこで解決策となるのが「固定電話を携帯で受ける」という方法です。携帯電話で受けることができれば、自宅でもカフェでもテレワーク(リモートワーク)で電話対応ができます。

コストの削減

固定電話を携帯で受けることにより、様々な点でコスト削減を行うことができます。

まず人件費を削減することが可能です。固定電話を携帯で受けることができれば、事務所やオフィスに「電話担当」の人員を配置することがなくなり、その分の人件費がまるまる浮くことになります。

人件費以外にも、サービスによっては固定電話を携帯へ転送することで固定電話機自体が不要になり、空いた分のスペースを有効活用することも可能です。

さらには、事務所・オフィス自体も場合によってはいらなくなるかもしれません。

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

\いまなら2ヵ月無料キャンペーン中!!/

まとめ

ここまで固定電話を携帯で受ける方法3つとそれぞれの特徴、さらには固定電話を携帯で受けるメリットについてご紹介してきました。まとめると以下のようになります。

ボイスワープ
キャリアの転送サービス
月に数件程度着信を取りたい、
固定電話でスマホから発信する必要のない方向け
クラウドPBX個人、店舗、少人数の事務所で
固定電話をスマホで使いたい方向け
テレワープ
スマホを事務所・自宅の固定電話の子機のようにするサービス
10人以上の中規模事務所で
固定電話をスマホで使いたい方向け
ボイスワープ
キャリアの転送サービス
月に数件程度着信を取りたい固定電話でスマホから発信する必要のない方向け
クラウドPBX個人、店舗、少人数の事務所で固定電話をスマホで使いたい方向け
テレワープ
スマホを事務所・自宅の固定電話の子機のようにするサービス
10人以上の中規模事務所で、固定電話をスマホで使いたい方向け

各方法ごとに「向き不向き」や「メリット・デメリット」が存在しますが、シンプルに固定電話を携帯で受けるなら「スマホ内線化サービス」が最適でしょう。

スマホ内線化サービスの中でも「テレワープ」をおすすめします。

テレワープがどういったサービスかは前述でご紹介しましたが、より詳しくはこちらから是非ご覧ください。

転送電話ならテレワープ
  • お使いの固定電話がスマホで発着信できるようになる「テレワープ
  • 最大60日間無料キャンペーン実施中!!
  • メールは24時間受付中
  • 受付時間 10:00~18:00(土日祝、年末年始を除く)
  • 詳しくはこちらをご覧ください。
目次